アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2009年02月28日

【JAL国内線ファーストクラス】夕食帯はフレンチのディナー!


ということで、JAL国内線ファーストクラス体験記の続きです。(≧∇≦)

前回までは 「中間帯」 ということで、軽食とスナックおよびお酒を楽しみましたが、今回は待望の 「夕食帯」 でございます。

そーなんです。

今回の食事は相当期待できそうですね~(≧∇≦)



ど~ですか。

まずはおとなしく着席いたしました。

何はともあれ真っ先に手にするのは・・・



ど~ですか。

メニューですね~

表紙は前回と寸分違いません。

問題は中身ですね~



ど~ですか。

最初のページも、おそらく前回と同じです。

いよいよ次のページから違うのでしょうね~

持つ手が次第に震えてきます。(≧∇≦)



ど~ですか。

ひと目見て、文字数が多いのがわかります!(≧∇≦)







文字数だけで感動していても仕方がないのですね~(≧∇≦)

では、ひとつひとつのメニューを追っかけてみましょう。



ど~ですか。

今夜はフレンチのようですな~

相当期待できそうです。(≧∇≦)

で、下の方に書いてある 「上記のメニューに追加して、スナックもお召し上がりいただけます。」 という文字も大いに気になります。



ど~ですか。

軽食のオンパレードですね~

前回は食後の軽食を 「カップ麺抜きで」 とお願いしたのでしたが、今回はスッチーさんに 「スナックを全部ひととおり下さい」 と注文するつもりでございます。(≧∇≦)

ちなみにカップ麺はJALオリジナルの 「○○○ですかい」 シリーズから選ばれているようですね。

前回パスしたのは 「らーめんですかい」 でしたが、今回は 「うどんですかい」 でございます。

フレンチの後のうどんもまたオツなものでしょうね~

さらに・・・



ど~ですか。

お飲物の 「今月のおすすめ」 はシャンパンでございます。

下戸な吾輩なので酒類の味はわからないのですが、「能書き」 の文字数が多いですのできっとおいしい高級品なのでしょうね~

この後車を運転する予定もないし寝るだけなので、一杯注文してみましょうか・・・

<続く>

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

----------

★こちらのブログは不定期更新です。これまでの過去記事でお楽しみ下さいね。(≧∇≦)


★また、次回の更新まで姉妹ブログ「Rich氏と・・・台湾行こらTV!」もよろしくお願いいたします。(≧∇≦)
  

Posted by Rich at 08:30Comments(0)日本

2009年02月21日

【JAL国内線ファーストクラス】デザートは「和栗の水羊羹」!


ということで、スナックの後の続きです。

そーなんです。

食事の後の楽しみはデザートですね~



ど~ですか。

これはお品書きに書いてある 「和栗の水羊羹」 でございます。

「和栗」 と断っているところがいいですね~

つまり、「中国のんやないで~」 ということなので安心できます!(≧∇≦)

上から見てみると・・・



ど~ですか。

こんな感じです。

食べなくても見ているだけでも楽しい・・・というか、見ているだけでもおいしさが伝わってきます。

食べるのが惜しいようなデザートなのですが、いただきましょう。



 うま~い!



・・・と、こういう感じにメインの重箱弁当からスナックとデザートまでを楽しんだのですが、いかんせん国内線は飛行時間が短いのでした・・・_| ̄|○

初体験としての感想は、「結構慌ただしいな」 ということでした。

しかし、食べている最中に、スッチーに、あと何分ぐらい食事を続けていてもいいのか? と聞くことにより、食事のペースを調整できるので安心だということもわかりました。

食事の後にトイレに行きたければ、シートベルトサインが点灯するまでの時間の把握も必要でしょうね。

ゆるゆると酒を傾けたい人もいるでしょうが、国内線の場合、飛行路線にもよりますが、食事時間はほんの30~40分程度と思った方がいいでしょうね。

ですので、その短い時間に集中して、うまくスッチーさんにも協力してもらい、欲しいスナックなどの食べ物や飲み物があれば、早めに 「まとめて」 注文をしておくほうがいいと思いました。

国際線のようにのんびり優雅にはいかない国内線ファーストクラスですが、時間配分をうまく把握すれば 「+8000円の価値あり」 というのが、吾輩の初体験での結論でございました。

<次回はJAL国内線ファーストクラス体験第二弾ですよ~ん>

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

----------

★こちらのブログは不定期更新です。これまでの過去記事でお楽しみ下さいね。(≧∇≦)


★また、次回の更新まで姉妹ブログ「Rich氏と・・・台湾行こらTV!」もよろしくお願いいたします。(≧∇≦)
  

Posted by Rich at 08:30Comments(0)日本

2009年02月18日

【JAL国内線ファーストクラス】カニ雑炊、チーズフライなど!


ということで、量的にちょっと物足りない重箱弁当を食べたのでしたが、その後・・・



ど~ですか。

これを頼みました。

これらはお品書きに書いてある 「スナック」 すなわち軽食なのですね。

それで今日の 「スナック」 は以下のとおりでございました。


ドッグサンド(ハム・チーズ・グリーンカール)(141kcal)
らーめんですかい
カニ雑炊
カマンベールチーズフライ



で、吾輩は 「重箱弁当」 の後、すかさずスッチーさんに、「らーめんですかい以外のスナックをすべてください」 とお願いしたのでした。(≧∇≦)

ひとつひとつをじっくり眺めていきましょうか・・・



ど~ですか。

これはカマンベールチーズフライですね~

酒のアテには最高だと思います。



 うま~い!



次いで・・・



ど~ですか。

ドッグサンドでございます。

ホットドッグのドッグなのでしょうかね?

こういうオシャレなものを日頃食べない小市民なので、これまた感激でございます。

ハムとチーズの旨いこと!(≧∇≦)

パンも焼きたてとはいきませんが、フカフカしていてファーストクラスに相応しいのでした。

葉っぱも緑濃くて新鮮でしたしね!(≧∇≦)

次に・・・



ど~ですか。

カニ雑炊でございます。

カニかまぼこではなくて、本物のカニ肉が入っておりました。

カニのお出汁が効いていて・・・

熱々の雑炊で・・・

見た感じも、ちょこちょこーっと載っている青菜が彩りを添えていますね~

う~ん、さすがJALファーストクラスの食事です・・・

Rich氏も感激です・・・

ん~、マンダ~ム・・・

で、お次の楽しみはデザートですね~

<続く>

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

----------

★こちらのブログは不定期更新です。これまでの過去記事でお楽しみ下さいね。(≧∇≦)


★また、次回の更新まで姉妹ブログ「Rich氏と・・・台湾行こらTV!」もよろしくお願いいたします。(≧∇≦)
  

Posted by Rich at 18:00Comments(0)日本

2009年02月15日

【JAL国内線ファーストクラス】重箱弁当と森伊蔵の登場!


ということで、スッチーさんが食事用テーブルを準備してくれたのでしたが、その後待つほどもなく・・・



ど~ですか。

運ばれてまいりました。

これは、中間帯の重箱弁当でございます。

今日のお品書きによりますと、中身は・・・

「鱒、小鯛、トビコのちらし寿司、烏鰈のつけ焼き、厚焼玉子、さつま芋サラダ、海老、ごぼうしめじ、オクラ、梅人参(表記は印刷のまま)」

・・・ということです。

何だか日本語が重々しくぎょうさん並んでいるので期待しまくったのですが、そこは重箱弁当の重箱弁当たる特性で、なんとまあお上品なこと・・・_| ̄|○

拡大してみましょう・・・



ど~ですか。

ちょこちょこーっとたった一切れ具材を置いただけで、重々しく 「海老~!」 「オクラ~!」 「梅人参~!」 などと表現するのがの重箱弁当の重箱弁当たる由縁でしょうね~

ま、確かに文言通りブツは入っているので偽装なんかではもちろんないのですが、このお上品な和食の世界というのは、0か1かと問うと0でなければ1ということで、1ならば一口でなくなってしまう量であっても精一杯実に重々しく 「さつま芋サラダ~!」 などとアピールするワケなのですな・・・

(実際、弁当の中のブツよりも文字の長さの方が長いくらいやんけ・・・_| ̄|○)

ま、大人はこういうことに突っ込まないと言われればそれまでなのですが、それにしてもこれでは働き盛りの大の男にとっては量が少なすぎるのでございます。





ま、それでもひとつひとつの具材はファーストクラス仕様に厳選されて調理された(と信じたい)ようでしたので、そりゃあご飯粒の1粒1粒からゴボウの1切れまでどれもが例外なく・・・


 うま~い!


のでございました。

味については大満足でございます。

特にみそ汁は旨すぎて涙チョチョ切れでした。

小市民の吾輩には、このみそ汁だけでご飯が2杯食べられます。(≧∇≦)

で、弁当だけでは腹3分目の人用に、お品書きには・・・

「上記のメニューに追加して、スナックもお召し上がりいただけます。」

と書いてあります。

吾輩のような育ち盛り (→特に腹回り) の人間にとってはまだしも救いですね~

・・・ということで、この後は手抜かりなく 「スナック」 も注文する予定でございます。(≧∇≦)

おっ!



ど~ですか。

スッチーがまぼろしの芋焼酎 「森伊蔵」 を注いでくれました。

いや、詳しく言うと、すでに注がれたコップを運んできてくれました。

欲を言うと 「森伊蔵」 の瓶を眺めつつ、目の前で注いでもらいたかったのですが、なんらかの事情で 「森伊蔵」 は舞台裏で注がれるような仕組みなのでした。

見えない場所で注がれると、東南アジアのジュースみたいにビニール袋にでも入っているのかな? などと邪推してしまうものですけどね・・・

JALの機内食用に確保された 「森伊蔵」 の容器は市販のような体裁ではないのかもしれません。

それで、その容器は客に見せられないのでしょうかね?

ま、光の屈折率の違いと香りからして、これは 「水」 でないことは確かです。

それにしても吾輩は下戸なのでスッチーには 「味をみるだけ、ほんのちょっとね・・・」 と頼んだのでしたが、この凶暴な量よ・・・_| ̄|○

もちろんお湯わりでも水割りでもなく、ストレートなのです。

弁当のおかずの量は決まっているので動かせないですが、こういうところでスッチーさんはけちけちせずにサービスしてくれるのでしょうね・・・

で、 「森伊蔵」 の味は・・・

そもそも下戸な吾輩は、よく考えると人生これまで焼酎をストレートで呑んだことがなかったので、比べるものがなくてようわかりまへんでした・・・_| ̄|○

けど、きっと旨いのでしょう。

次回どこかで一般の焼酎をストレートで呑んでみましょう。

その時に答えが出ると思います。

そういうことで、「森伊蔵」 を呑みたくても呑めない読者がおられましたら、吾輩がこんな形で 「森伊蔵」 を呑んでしまったことに対して謝ります。ごめんちゃい。

それにしてもよく酔える酒であることは事実でしたね。

便所へ歩くとき、空中を飛んでいるような足取りになりましたから・・・

<続く>

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

----------

★こちらのブログは不定期更新です。これまでの過去記事でお楽しみ下さいね。(≧∇≦)


★また、次回の更新まで姉妹ブログ「Rich氏と・・・台湾行こらTV!」もよろしくお願いいたします。(≧∇≦)
  

Posted by Rich at 08:30Comments(0)日本

2009年02月07日

Rich氏JAL国内線ファーストクラス初体験その2(≧∇≦)


ということで、ファーストクラスのキャビンに乗り込んで着席した吾輩でしたが、次に・・・



ど~ですか。

さっそくこれが気になりました。

そーなんです。

これは泣く子も黙る 「メニュー」 ですね~(≧∇≦)

いったいどんなことが書いてあるのでしょうか・・・



ど~ですか。

キーワードは・・・

「バラエティに富んだメニュー」

「旬の食材にこだわった献立」

「茶菓子や軽食、お飲物」

ですね~

しかも

「お好みに応じて・・・お気軽に・・・」

泣かせる文章ではあ~りませんか!(≧∇≦)

ということで、高鳴る胸の鼓動がスッチーまで届いているかもしれませんでしたが・・・



ど~ですか。

めくりました。

スッチーのスカートではなくて、お品書きをめくったのでありました。(≧∇≦)

いや~、いろいろ書いてありますね~

食べる前に、文字からいろいろ想像するのも楽しいものです。

敢えてキーワードはここには並べませんが、ぜひ読者のみなさまも国内線ファーストクラスに乗った気分で眺めて見て下さいね。(≧∇≦)







ところで、あいにくこのときは中間帯と呼ばれる時間帯だったので、このメニューは昼食用なのでした。

食事に関しては、

朝食帯 (~9:00) 朝食/軽食/茶菓(クッキー等)/各種ドリンク
中間帯 (9:01~16:59) 甘味類、もしくは重箱弁当/軽食/茶菓(クッキー等)/おつまみ/各種ドリンク
夕食帯 (17:00~) 夕食/甘味類、軽食/茶菓(クッキー等)/おつまみ/各種ドリンク
※上記の時間帯区分は便の出発予定時刻によります。


と、出発時間によって分かれていて、朝も昼も夜も同じ+8000円で乗るファーストクラスなのですが、このように食事内容に 「差」 があるのでございます。

もちろんその中で一番食事内容が 「濃い」 のは夕食時、すなわち 「ジナー」 いや、「ディナー」 でございますね!(小市民の吾輩には言い慣れない言葉かも・・・_| ̄|○)

でも、そんなことは搭乗者が一番よく知っていて、最初からファーストクラスに乗ろうとする客が多いのは夕食が出る時間帯、すなわち17時以降発の便から先に予約が埋まるようでございます。

そんなわけで、この日、にわかファーストクラスの客だった吾輩でしたが、当日の 「夕食便」 はあいにく満席だったのでやむなくこの 「中間帯」 に乗ったわけでございました。

(中間帯でもきっと+8000円の価値があると信じながら・・・)

で、再度お見せしますが、このメニューの・・・



右側に赤丸印を付けましたが、それはまぼろしの芋焼酎と呼ばれる 「森伊蔵」 でございます。

国際線の欧米線などでは期間限定で瓶丸ごとを機内販売で購入できることもあるようですが、国内では限られた料亭などにしかおいておらず、直接鹿児島県の森伊蔵酒造に注文しようとしても毎回抽選が行われているほどで、なかなか手に入らないもののようでございます。

そのため、オークションなどではプレミアが付いて、販売価格よりも高値で取引されているようですがね・・・

で、瓶ではなかなか買えなくて、呑ませてくれる料亭も希少なのですが、このように、JAL国内線ファーストクラスでは望めば何杯でも呑ませてくれるようでございました。(≧∇≦)

・・・でも、古くからの読者はご存じかと思うのですが、吾輩は 「下戸」 なのでございますね・・・

そもそも酒について、こんなに熱く語ることは一生に一度あるかないかでございます。

言い換えれば、その吾輩にしても熱く語らせるほどの 「森伊蔵」・・・

ま、簡単に言えばいっぺん味をみてみたかっただけの話です。ハイ。(≧∇≦)

後でスッチーに 「味見をしたいので、ほんの少しだけ注いで下さい」 と伝えるつもりでございます。

ということで・・・



ど~ですか。

スッチーが吾輩の席のテーブルをセットしてくれました。

いよいよですね~・・・

スッチーに聞かれてしまいそうな、胸の高鳴り・・・

<続く>

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!

----------

★こちらのブログは不定期更新です。これまでの過去記事でお楽しみ下さいね。(≧∇≦)


★また、次回の更新まで姉妹ブログ「Rich氏と・・・台湾行こらTV!」もよろしくお願いいたします。(≧∇≦)
  

Posted by Rich at 08:30Comments(0)日本