アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2006年05月31日

【写真】沖縄・那覇「空港食堂で沖縄そばとソーキそばを喰う!」


001_05_okinawasuba.jpg



ど〜ですか。沖縄そばです。うま〜いんです!







・・・というわけで、関西系貧乏性小市民のRich氏は那覇空港到着後、水分は足りていたのですが猛烈に腹が減っていました。



そこで吾輩が向かったのは、入国ゲート(→大げさ・笑)を出てから右側にず〜っと行って地の果てまで歩いたかと思えるほどはずれの方にある「空港食堂」なのでした。



001_01_kukosyokudo.jpg



ど〜ですか。



那覇に来るほとんどのお客は到着ロビーの中央付近にある数件のレストランか、または3階にあるレストラン街を利用するのではないかと思います。



この「空港食堂」はもともと空港従業員向けの食堂であるらしく、制服姿の職員が猫背で定食を食べていたりするのですが、一般客も利用が可能です。



半セルフサービス(食器の後かたづけを強いられる)で食券制であり、すなわちコストパフォーマンスが優れている食堂なのです。



で、何を食べよっかな〜・・・



001_02_menu.jpg



ど〜ですか。



どれもが旨そうで、しかも関西系貧乏性小市民のRich氏にふさわしい価格ではあ〜りませんか!



でも、右上の「じゅーしー(沖縄風炊き込みご飯)」を除いて、これでは本州の大衆食堂と変わりないメニューではないか・・・



そこでちらりと他に目を移すと・・・



001_03_porkegg.jpg



ど〜ですか。



本州でもありそうですが、よく見るとやっぱりこんなものはないゾ! という定食です。特にハムです。缶詰をぐりぐりと開けて取り出して切って焼いたものです。



なかなか沖縄的ではあ〜りませんか!



で、その横には・・・



001_04_goya.jpg



ど〜ですか。ますます沖縄チックな食べ物です!



しかし今はもう14時半。夜にもおいしいものを食べたいので、今の時間に腹にたまるものを食べたくない。



ということで、



001_05_okinawasuba.jpg



ど〜ですか。吾輩、沖縄そばにしました。これで450円です。



クラスJの豪華さで鼻の穴が広がりきった嫁1号はお供の吾輩にキッチリと差をつけて・・・



001_06_sokisuba.jpg



ど〜ですか。ソーキそば550円!



ソーキとは煮込んだバラ肉。



お贅沢!



「すば」らしい!



そーなんです。



沖縄ではそばのことを「すば」と言うのです。



ところで、この沖縄そばはそば粉を使ってないのですが、ずっと以前に、日本国の頭の固いお役人がそば粉を使ってない食べ物なのに「そば」という表記を使うのはケシカランと「沖縄そば」という表記が禁止されようとする危機に面したことがありました。しかし沖縄そばは沖縄の歴史を育んだ文化伝統のある食べ物で、幸い例外的に「そば粉を使っていないそば」として認められることになりました。



お出汁はふんだんに使うかつお節と豚骨の澄んだスープで、おつゆが最高です!



吾輩、おつゆをぜんぶ飲み干しました。



それと、この沖縄そばの引き立て役、写真の片隅に写ってるのを忘れるわけにはいきません。



001_07_koregusu.jpg



ど〜ですか。



コーレーグースです。



島トウガラシの泡盛漬け。



辛〜いんです!



けど、クセになるんです!



吾輩、調子に乗って、麺の上で3回転ぐらい、ジャボジャボジャボとぶっかけました。



かけたとたん、スープの熱さでアルコール分が蒸発し、モワ〜!、と泡盛の香りがふるいたつのでした。



そしておつゆは汗が次々としたたる辛さ!



吾輩、酒は飲まないのですが、香辛料や料理に使う酒は大好きなのです。





赤ハート赤ハート赤ハート うま〜い! 赤ハート赤ハート赤ハート





ちょっと酔っぱらった感じになるのがまた良いんです!



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑きゃ〜!こわい〜! banner_03.gifからの使者です。

ランキングに参加しています。よろしければ退治(クリック)して下さいね!

Rich氏のブログの順位は今何位かな〜?

クリックすると他の楽しい旅系ブログとも出会えますよ〜




===(≧∇≦)ぶぁっはっはっ星人の「大宇宙の中の小さなお店」===

★★★←本格派「沖縄すば」売ってるゾォ〜!
  続きを読む

Posted by Rich at 08:35Comments(0)沖縄

2006年05月31日

沖縄・那覇まで「余談:Rich氏はホンモノのRichか?」


001_02_classj.jpg



前回の日記で吾輩が本物のRichであると思われた方も多いようですね。



なんせ天下のJALのクラスJシートにふんぞり返る人物なのですから・・・?



クラスJに座るのは金銭的Richの証左ではないかとお思いですか?



違うのです。



吾輩、RichはRichなのですが、吾輩の場合生まれてからこのかた金銭的にRichになった記憶はなく、あくまで名前の由来は「精神的Rich」なのです。



種明かしをすると・・・



この度の旅行は嫁はん1号と一緒だったのですが、嫁1号のJALマイルがたまたま12000マイル貯まっていたのです。それで「コバンザメdeマイル」でクラスJを利用をしました。



なお、「コバンザメdeマイル」というのは我家での俗称なので、JALカウンターで「コバンザメdeマイル」などと絶対に言わないでくださいね。JALの正式名称は「お供deマイル」です。はい。



ともあれ嫁1号のマイルを使って2人で行くと、嫁1号はタダ。吾輩はクラスJでも片道13,300円なのです(普通運賃では片道53,400円)。



急遽所用で沖縄に行かねばならなくなった吾輩にとって2週間前から予約できる「コバンザメdeマイル」がむちゃお得で家計が大いに助かったのでした。那覇でちょっと遊べることを理由に、最初あまり気が進まなさそうだった嫁1号を無理矢理同伴させた、いや、吾輩が同伴させていただいたのでした。



ところでJAL機内では何らかの手段でマイルを使って搭乗した乗客に対して、客室乗務員はうやうやしくその乗客を個人的に名指しであいさつに来るのですね。



吾輩の場合も来ました。



「○○さま、いつもJALをご利用いただきありがとうございます(一礼)。那覇空港まで長い飛行時間がございますが、ごゆっくりとおくつろぎ下さい。枕と毛布はいかがでございますか? 各種新聞も取りそろえております。まだ出発まで少々お時間をいただいておりますので(他の乗客に先だって)お飲物はいかがでございましょうか? ・・・本日のご搭乗、まことにありがとうございます(一礼)」



001_03_classjseat.jpg



クラスJで、そんな風に個人的にあいさつをされると、周囲の客に対して、ちょっとどころか、かなり鼻が高くなって、鼻の穴が広がって呼吸量が増えるのでした。



そういうわけで、吾輩は嬉しくなってさっそく客室乗務員に日経新聞を要望しました。



するとその客室乗務員は吾輩を一瞥するや、日経新聞を手渡してくれたのですが・・・。



吾輩はそこでようやく気づいたのです。あいさつの時、客室乗務員は吾輩の方を見ていなかった・・・。個人的なあいさつは、基本的にマイルを使った本人に対して、つまり嫁1号に対してであったと・・・。



つまり「○○さま」の「○○」は、吾輩の隣、窓側に座って空港内の貨物の積み込み作業を嬉しそうに眺めている嫁1号の苗字だったのです。



もちろん「○○」は吾輩古来の苗字でもあるのですが、客室乗務員にとっての「○○」はあくまで嫁1号のことで、スッチーは言外に吾輩に対しては「アンタはコバンザメ!」という意識を送ってきていました・・・



そーなんです。



コバンザメが偉そうに(他の乗客に先だって)離陸前に飲物をいっぺんに2種類の飲物を2杯ずつ頼んだり、枕2個と毛布を3枚をひとりで占有したりして嬉しがっているとひんしゅくを買うのです。コバンザメはあくまで主のフンドシ担ぎ、荷物持ち、付き人・・・なのです・・・はあ・・・_| ̄|○



というわけで、無理矢理連れてきたウチの山の神(嫁1号)はますます気分が良くなったらしく、鼻の穴を広げて温かいコンソメスープと冷たい柚子ジュース・スカイタイムを一口ずつ交互に飲みつつ満足そうでした。それが吾輩にとって何より良いことなのでした。なんせ嫁1号がいなかったら、吾輩は突然所用が決まったこの度の那覇行きに、ひとりで普通運賃で片道53,400円も支払わなあかんかったとこなのです・・・往復で10万6,800円!・・・こんなん払われへんって!・・・パソコンが買える値段・・・怖っ!



ど〜ですか。



それでもアナタはRich氏はホンモノのRichだと信じますか?



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



※本文には話をおもしろくするための誇張が含まれます。JAL客室乗務員は「お供deマイル」のお供の乗客に対しても、マイルを使った主と同様うやうやしく扱ってくれるので客室内ではとても気持ち良く過ごすことができます。そのことをJALの名誉のために付け加えさせていただきます。すなわち吾輩はコバンザメの分際で枕2個、毛布3枚を占有し、離陸前の飲物はスープと冷たい緑茶各2杯ずつ、飛行中はウコン茶3杯、紅茶4杯をいただき(おかげでトイレには6往復し・・・)、ついでにホテルで夜読むために新品の国際線向け機内誌をキャビン倉庫の奥からわざわざ出してもらっていただいてきました。エグゼクティブクラスの座席に3時間20分ふんぞり返ってこれだけサービスを受けて千円というクラスJのコストパフォーマンスはお得だと思いませんか? そこの奥さん!



というわけで、やっぱり関西系貧乏性小市民のRich氏なのでした。

・・・_| ̄|○



(続く)



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑きゃ〜!こわい〜! banner_03.gifからの使者です。

ランキングに参加しています。よろしければ退治(クリック)して下さいね!

Rich氏のブログの順位は今何位かな〜?

クリックすると他の楽しい旅系ブログとも出会えますよ〜




★★★(≧∇≦)ぶぁっはっはっ星人の「大宇宙の中の小さなお店」★★★

★★★←本ブログの写真撮影に使っている吾輩愛用のカメラです。最近、楽天で廉価販売されてるようで・・・。吾輩が買ったときは高かったんだゾ!・・・はぁ・・・_| ̄|○
  
続きを読む

Posted by Rich at 08:35Comments(0)沖縄

2006年05月30日

【写真】沖縄「新千歳→那覇・JAL国内線最長飛行距離の旅」


前回まで長らくの間、台湾編を楽しんでいただいておりましたが、今回からしばらくの間、沖縄(那覇)の話題です。



台湾が中断して涙ぐんでいる人も、また、沖縄が始まって涙を流して喜んでいる人も、今回から泣いても笑っても沖縄(那覇)の話題なので観念してチョ。



なあに、沖縄なんて、世界地図を見ると、台湾の隣なんです。



中国の影響を強く受けた沖縄は、台湾との共通点も多いのですね。



しばらくの間、そんな沖縄(那覇)を紹介していきたいと思います。



と言っても超ド短期の所用で出かけた合間に仕入れたネタで書くブログなので、自ずと限りがあります。



しか〜し、得意の「話題長引かせ術」で、おおよそ1ヶ月間も沖縄(那覇)の話題が続くかもしれませんよ〜。



それに、みなさまのご想像のとおり、話題の中心はやっぱり「食べ物」になりそうです(≧∇≦)



そういえば、ずっと以前に「某絶世の美女さん」からこんな愛のこもった沖縄土産をいただいたことがありました。



001_01_omiyage.jpg



ど〜ですか。



すばらしいですね!



このどれもが旨かったのです。



こういうおいしい食べ物をたらふく食べたいし、このお土産の値段が果たしていくらだったのかを調べて愛の深さを探りたい・・・



・・・ということで、吾輩は某月某日、JAL機中の人となりました。



001_02_classj.jpg



ど〜ですか。クラスJのシートです。



新千歳−那覇はJAL国内線最長飛行距離の路線で、機材はB747-400で国際線仕様、クラスJ席は国際線のエグゼクティブクラスと同等で、わずか千円でかなり優雅な気分にさせてもらえます。



001_03_classjseat.jpg



ど〜ですか。



このように、個人用の液晶ディスプレイも付いていて、背もたれはクッションの厚みが変えられて、腰の悪い吾輩でも非常に楽に座る続けることができます。



そもそも新千歳→那覇の約3時間20分は、東京→台北の所要時間とほぼ等しいので、ちょっとした海外旅行気分です。



そもそも「新千歳→那覇」は「関空→台北」よりも飛行距離や所要時間が長いんですよ、そこの奥さん!



・・・ということで吾輩、海外旅行と同じようなコーフン状態で、冷温帯のホッキャードーから亜熱帯の沖縄へはるばるやって来ました。



001_04_flowers.jpg



ど〜ですか。



目が眩むような亜熱帯の日差しと情熱的な胡蝶蘭が吾輩を歓待してくれました。



うすぼんやりして残雪も多くて寒々しいホッキャードーからやって来た吾輩の目には、那覇空港は天国の光景のように見えました。



まるで日本ではないみたいです。もしかすると何かの間違いで、台湾に着陸したのかもしれません。



思いなしか、空港に降りたったその時から、甘い花の蜜のような植物の香りが漂っているのでした。それは台湾の中正機場がそうだし、タイのバンコク・ドンムァン空港がそうなのです。那覇空港はまさに東南アジアの空港の匂いがするのです。



それに、人々の顔は濃ゆいのです。かりゆしウェアを着た空港職員の女性達は皆揃いも揃ってゴルフの「宮里藍」の顔そっくりです。



う〜む、えらいところに来てしまったゾ・・・



それはともかく、到着時刻は14時15分。吾輩、昼飯がまだで腹が減っていました。



なにかおいしいものを食べようではあ〜りませんか!



(続く)



(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!



○| ̄|_    inoshishi.gif

↑きゃ〜!こわい〜! banner_03.gifからの使者です。

ランキングに参加しています。よろしければ退治(クリック)して下さいね!

Rich氏のブログの順位は今何位かな〜?

クリックすると他の楽しい旅系ブログとも出会えますよ〜




★★★(≧∇≦)ぶぁっはっはっ星人の「大宇宙の中の小さなお店」★★★

★★★←本ブログの写真撮影に使っている吾輩愛用のカメラです。最近、楽天で廉価販売されてるようで・・・。吾輩が買ったときは高かったんだゾ!・・・はぁ・・・_| ̄|○
  
続きを読む

Posted by Rich at 08:35Comments(0)沖縄